ミナペルホネンつづくのグッズ売り場の混雑状況は?巡回情報も!

ミナペルホネンのグッズが購入できる店舗は?

  • 表参道のcall→ミナペルホネンのお洋服やバック生地の販売や、併設のカフェスペース「家と庭」ではミナペルホネンの器や作家ものの器で料理や、ドリンク等のカフェメニューが提供されます。
  • 表参道のpiecetokyoピーストーキョー→バッチやはぎれ等の細々したグッズ、つづくの物販でも発売されていた、色鉛筆、ステンレスドリンクボトルや、エッグバック、パッチワークデニムのオーダーも
  • 馬喰町エリアのelavaエラヴァⅠ・Ⅱ→エラヴァⅠでは食材や作家ものの器、エラヴァⅡでは家具や過去のアーカイブコレクションも
表参道のpiecetokyo では、様々な柄のブローチが1200円~購入できます。
表参道callのグローサリーコーナー で購入可能なタンバリンクッキー

東京都現代美術館から

  • 馬喰町エリア までは都営大江戸線と 都営新宿線 乗り換えで約10分です。
  • 表参道までは 東京メトロ半蔵門線 で約22分   

 

美術館でグッズを買えなかった方は、少し足を延ばしてミナペルホネンのショップに向かった方が満足できるかもしれません♪

その分、ゆっくり ミナ ペルホネン/皆川明 つづく展を見て下さいね!このボリュームで、ミナの世界を楽しめるチャンスはなかなかないと思います!

ミナペルホネンつづくの巡回情報は?

2020年 6/27(土)~8/16(日) 兵庫県立美術館(神戸市)

実際に展示を見て、ミナペルホネンと皆川明さんの仕事がますます好きになりをました。生地のひとつひとつを余すところなく大事に扱っている様子が伝わってきましたので、バックや、ブローチの模様ひとつとっても、より愛着をもって見ることができました。

生地の残りを有効活用して作り始められたエッグバック
バックははぎれの向き等もこと細かに指示が記載されています。

多くの方にかなり評判も高い展示でしたので、関西方面にお住いの方は、ぜひ足を運んで頂きたい展示です。

私は今回、北海道から ミナ ペルホネン/皆川明 つづく展 を見に行きましたが、旅費をかけてでも、損はなかったなぁと大満足しています。神戸観光の予定の中に組み込んでも良いかもしれませんね!

楽天トラベルは飛行機とホテルがセットになったお得なパックがあっておすすめです♪

まとめ

いかがでしたか? ミナ ペルホネン/皆川明 つづく展の グッズについてお伝えしました。グッズは、展示を見た時の思い出として、私は必ず買ってしまいますが、みなさんも気になるグッズに出会えると良いですね♪

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく展の展示内容や、会場の様子についてまとめた記事はこちらです

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です